株式会社大近

ホーム > 環境への取組

会社案内

  安全で安心、健康的な生活を願って独自の
環境方針を定めました
 
   
  大気汚染  
  塩素系包材や容器を燃やした時に発生するダイオキシン。石油製品を燃やした時に
発生する排熱・排煙が大気に及ぼす影響など、問題はますます深刻化しています。

 
  水質汚染  
 

家庭や工場から排出される小さなゴミや油分。
特に自然には、分解されにくいLAS (界面活性剤)を含んだ洗剤のタレ流しは、
わたしたちの食生活にも、大きな影響を与えています。

 
  地球温暖化  
  二酸化炭素やフロン、メタンといった温室効果ガスの増加により氷河が溶け出して
海面の水位は上昇、陸地は砂漠化。このままでは生態系は大きく崩れ、
大規模な食料危機など深刻な事態が予測されています。

 
  エネルギー問題  
  わたしたちの便利で豊かな生活を支えてきた石油や石炭。しかし一方では温室効果ガス発生の原因にもなり、また近い将来には枯渇の心配も!
今、安全で無害な新エネルギーの開発が課題となっています。

 
  ゴミ問題  
  家庭から出される生ゴミから産業廃棄物まで、一般廃棄物の処理場は飽和状態に。
燃焼や遺棄がもたらす生活環境への悪影響が心配されています。

 
  自然破壊  
  森林の無計画な伐採や、化石燃料など限りある資源のムダ使い。これらは自然を破壊し、生態系を狂わせ、地球の未来にとって、とり返しのつかない損害を与えています。

 
  環境ホルモン  
  空気中や土中に残留し、体内に蓄積されホルモンの分泌異常を引き起こす ダイオキシンに代表される有害物質。今、環境ホルモンは生殖機能の破壊など、
人類の未来を脅かす深刻な問題になっています。
 
   
  わたしたち大近は、「安全で安心な食品の提供を通じて、お客様の健康的な生活に貢献する」という企業理念のもと、店舗を拠点とした、地域に根ざした環境保全活動により、循環型社会の構築に寄与いたします。  
   
  ●安全で安心な食品の販売拡大をめざします。
 ・愛情良品に代表される「安全で安心な食品」の開発と拡大
 ・環境に配慮した販売方法の推進
●省エネ・省資源化を推進します。
 ・物流システムの効率化・容器包装材の削減と環境への配慮・省エネ活動推進
 ・省エネ機器導入
●廃棄物の分別リサイクルを推進します。
 ・廃棄物の分別基準の徹底 ・店頭回収活動の推進 ・生ゴミの再利用
●「地球愛バンク運動」を継続、推進します。
 
  遵守すべき法令  
  ●省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)
●温対法(地球温暖化対策の推進に関する法律)
●大阪府温暖化の防止等に関する条例
●食品リサイクル法 
●容器包装リサイクル法

 
  エネルギー使用量削減目標  
  ●削減目標 原単位 毎年2%削減
●基準年度 平成21年度
(平成21年度を基準として
 原単位ベースで平成26年7月時点5年間平均2.5%削減達成)
 
 


 
 
 
 

ページの先頭に戻る
DAIKIN GROUP lucky pantry
Copyright 2006 DAIKIN GROUP, All rights reserved.